Wedding Planner

ブライダルフェアの注意点を知っておこう|トラブルを防げ

沖縄で式を挙げる

ゲストに対しての配慮

お花

沖縄での結婚式は非常に人気です。これは沖縄が好きだから、沖縄のリゾートを満喫したい等の理由が多いですが、これ以外の理由としては外国のリゾートで結婚式を挙げたいが、費用が高いので沖縄というケースもあります。これ以外に国内である安心感と地方空港から那覇までの直行便も出ていて便利な点もポイントしてあげられます。またゲストを海外とは違って呼びやすい点も人気のポイントです。沖縄での結婚式は3つに分かれます。まずは自分達のみで式を挙げる場合、そして親族のみを呼ぶ場合、最後に友人などゲストを呼ぶ場合です。親族のみでは10人〜20人、友人を呼ぶと20人〜40人程度が一般的です。費用は2人だけで70万〜150万程度が相場と言われていますが、20人程度の親族を呼ぶと、170万〜280万程度の費用がかかります。これは東京から沖縄の移動費が8万円程度で、離島であれば15万程度かかりますので、このような費用になります。友人を呼ぶ場合は、友人の旅費を全額負担するケースはあまりなく、友人の旅費の一部を新郎・新婦が負担をするケースが多くなっています。これは宿泊代のみや移動費のみなどの一部を指しますが、わざわざ沖縄まで来てもらうので、友人から祝儀を頂く事はマナー違反だといわれています。ゲストを多く呼びたいとなると、費用負担が増加して予算オーバーになる場合もあります。結婚式をオフシーズンに行う事で結婚式や移動費を抑える事も出来ますので、総費用を押さえたい場合はこのような方法をとるのも一つの選択肢です。

参加前から比較検討を

花嫁と花婿

結婚が決まったら、カップルでブライダルフェアに参加してみましょう。結婚するという実感もわきますし、一生に一度の機会なので楽しむに越したことはありません。多くのカップルが複数会場のブライダルフェアに参加し、契約しています。結婚式にかかる費用は決して安いものではありません。限られた予算の中で、いかに満足度の高い結婚式にするかという観点においては、ブライダルフェアは欠かすことができません。そんなブライダルフェアですが、参加にあたっての注意点がいくつかあります。この注意点を知っておくことで、ブライダルフェアへの参加が有意義なものとなるでしょう。さてそれでは、まず一つ目の注意点です。多くの式場が、フェア申し込み時に「ブライダルフェアに参加して成約した場合、様々な特典があります」と謳っています。主に費用面でのメリットを掲げているケースが多いのですが、「フェア参加時に成約した方のみ」など、意外と細かな条件が付いていることがあります。このような条件を事前にサイトなどで確認しておくと、損をしないで済みます。複数日に渡ってフェアに参加する場合には、前述のような内容を把握しておくことで、どのようなスケジュールで回るべきかの参考にもなります。もう一つの注意点は、参加予約をする場合、どのサイトを経由して予約するかによって、同じ式場でも特典が異なるケースがあるということです。複数のサイトを見て、比較してから予約するとよいでしょう。

相場はどれぐらいか

教会

近年、リゾートウエディングが流行りつつあり、リゾートウエディングで結婚式を挙げたいというカップルが増えつつあります。リゾートウエディングと聞くと、海外で結婚式を挙げるものとイメージされる方もいらっしゃると存じますが、最近では海外よりもリーズナブルな費用で結婚式を挙げることができる国内のリゾートウエディングが注目を集めています。沖縄も国内のリゾートウエディングとして人気になっており、様々なものが登場してきています。沖縄のリゾートウエディングの魅力的な面は、青い空や綺麗な海などのロケーションに優れており、沖縄ならではの結婚式を挙げられるようになっていることです。そして最大のメリットは結婚式だけじゃなく、そのまま沖縄で新婚旅行を楽しめるという点があり、費用が掛かりがちな新婚旅行も節約できるようになっています。沖縄で結婚式を挙げる時の相場はおおよそ75万〜230万円ぐらいになっていますが、この相場は二人だけで結婚式を挙げる場合、親族のみを招待する場合、親族・友人などを招待する場合で費用が異なってきます。沖縄の結婚式の費用は招待する人数によって、上下するようになっているので費用のことを考える場合は人数を考慮するようにしましょう。節約してリーズナブルに沖縄で結婚式を挙げたいという場合は、沖縄のオフシーズンを狙ってみるのも悪くはありません。沖縄のオフシーズンは11月〜2月までの寒い時期、連休がない月などが狙い目になっています。

沖縄で式を挙げる

お花

沖縄での結婚式は国内である安心感や沖縄までの移動の利便性が高い等の理由により、非常に人気です。費用は外国リゾートよりも安くなります。総費用を計算する場合、親族などを呼ぶ場合は費用負担を新郎・新婦がしますが、友人の場合はすべて負担をする事はなく、宿泊費など一部のみを負担するのが一般的です。

もっと読む

覚えておく事

新郎

ブライダルフェアに参加するときの注意点として、見積もり金額はご自身たちの希望に沿った金額を提示してもらう事、時間に余裕を持って参加する事です。事前予約が必要なので、しっかりスケジュールを組んでおきましょう。

もっと読む

皆の目線で決める

新郎

ブライダルフェアでは、自分たちが納得する挙式披露宴会場かを見極める大切なイベントです。自分たちが後悔しない結婚式場を選ぶのも良いですが、参列してくれたゲストの人が満足するような会場選びをすることも注意点として挙げられます。

もっと読む